鈴木建装の家づくり

Stacks Image 563
Stacks Image 604
Stacks Image 517

標準仕様が最強!

正直、以前は、長期優良住宅の認定などあまり意味がない、お金と手間がかかるからやめたほうが良いですよと思っていました。

もしも、子育て世代30代の自分自身が借金して家を建てると考えたならば・・・ 
という視点で私共では家作りを考えております。お客様に対しても、自分が使いたいお得なことをどんどんお勧めしよう。そんな気持ちで建てようという気持ちで商品化しました。

そこで考えたのが 
鈴木建装・鈴木達也の標準仕様です。

長期優良住宅や、地域ブランド化の補助金をもらうのは、正直言いまして書類がたくさんあってとても大変です。しかし、自分の家だからと思えば、2〜3日がんばれば申請書類など出来てしまうものです。

お客様に対しても、自分が使いたいお得なことをどんどんお勧めしよう。そんな気持ちで建ててあげようと、新たな気持ちで商品化しました。

ほとんど一人で『住宅の新築、住宅のリフォーム』と両方担当しているので、正直なところ年間棟から棟程度しか新築は受注できません。

営業、広告、設計、デザイン、現場管理、すべて打合せ、アフターメンテナンスなど、すべて一人で出来るからこその仕様と価格だと思います。

自分のつくる家を気に入って頂いた方には、高耐久で住めば住むほど、ゆとりが生まれ、資産価値を生む家に住んでほしいと思っています。

最強の標準仕様の内訳!

Stacks Image 565

主構造

■木造軸組み工法、長期優良住宅(認定低炭素基準程度)

 きちんと認定をとることで、
金利がお得なフラット35が利用できたり、税制優遇があったりお得です
 70年から90年住むことのできる高耐久の家づくりは資産価値もUPします。

■太陽光発電の追加によって、ゼロエネルギー住宅や光熱費ゼロ住宅も可能。

 太陽光発電で創エネすることで、
光熱費30年で500万円程度お得に生活することが可能です。

地域ブランド化の補助金(100万円)をもらうために、長期優良住宅の仕様にしています。

・スギやヒノキなど地域でとれた合法木材を使用すること
・「あんしんいえかるて」による住宅履歴情報蓄積サービス(30年間定期点検)など

・認定低炭素住宅が平成27年度に補助金(165万円)がでるのであれば、認定低炭素住宅が標準の予定です。

■耐震等級3(地震保険半額)

 平成26年7月から地震保険がUPしたので、耐震等級3でなければ高い保険料を支払うことになります。

■省令準耐火住宅(火災保険半額)
または、JBN省令準耐火(柱や梁が化粧で火災保険半額)

 石膏ボードの厚みや種類、間柱の厚み、コンセントボックスの種類、その他を変更することで
火災保険が半額になります
 割引があれば、地震保険に入る余裕も生まれてきます。

■移住・住みかえ支援適合住宅(マイホーム借上げ制度)

 建てて30年から60年後も、資産価値を生むいえづくりのために適合証明書をとりましょう。
 35年ローンを払い終えるまでに、もしもの場合に役に立つ、お得なことがあります。

省エネ基準

ゼロエネルギー住宅、認定低炭素住宅、長期優良住宅など、高耐久の家づくりをすることで30年から60年しても資産価値を生む家づくりを目指しています。

 『外皮計算』

 『一次エネルギー消費量の計算』

をすることで、年間で光熱費どれぐらいかかる家なのかが分かります。

本当に、夏涼しくて、冬あたたかい家なのかを、
住む前から数値で判断できる安心の家づくりです。

わかりやすく車でたとえると、
燃費の良い建物をつくっています
Stacks Image 612
Stacks Image 615

Stacks Image 589

断熱・気密(外皮計算)

弊社の断熱レベルは、青森・秋田県レベルが標準仕様です!

高気密・高断熱住宅を目指す弊社では、断熱方法は
セルローズファイバー充填断熱を最適であると考え採用しております。

メンテナンスしながら70年から90年住むこのできる高耐久の家づくりのための
セルローズファイバー吹き込み工法の特徴は、

 ・高断熱性を長年発揮する

 ・高耐久住宅に最適

 ・結露に強い

 ・火災に強い

 ・吸音性があるので防音工事などにも使用される高断熱材です。

 ・地球に優しい素材

『隙間なく高断熱の空間をつくることができる』ので、エアコン1〜2台だけで一年中快適に過ごすことができます。

*「セルローズファイバー」は、生産時にかかるエネルギー量も他の断熱材よりも少なく、新聞紙の再利用なので、普通に産業廃棄物で処分することができるので、地球にやさしい断熱材でもあります。

●屋根の遮熱について

屋根と外壁の防水紙にシルバーの遮熱タイプでくるむことで、夏のムシムシ感が室内に入りにくくなり涼しくすごせ、冬は室内の熱を逃がさないので、あたたかく過ごすことができます。


●気密について

弊社で使用している換気扇ルフロは省エネと長期健康を考えた商品です。
電気代が月100円程度と省エネ仕様です。

省エネな熱交換型換気扇をきちんと選ばなければ、毎月の電気代が増え、10年20年後には、シックハウスの危険性もあり、機械のメンテナンスでお金がかかったりと大変になります。

*省エネでない第1種全熱交換換気は電気代が月800円程度かかるので、ルフロの方が一次エネルギー消費量が低く経済的な換気扇となります。


サッシ(外皮計算)

■世界トップクラスで国内最高の断熱性能の樹脂窓 
 リクシル・エルスターX 採用を標準仕様

熱がつたわりにくい樹脂サッシやトリプルガラスを採用することで、「家まるごと」暖めたり、涼しくしたりすることができます。

ヒートショックなどを未然に防ぐには、部屋と部屋の温度差の少ない開放的な間取りを設計する必要があります。家全体の温度差を少なくし、部屋と部屋の間でおこる
内部結露をふせぐことは、ダニやカビなどハウスダストを減らし快適で健康な家づくりにつながります。


■遮熱高断熱フィルムグリーン(複合断熱ペアサッシ)
 リクシル サーモスHを採用

アルミと樹脂の複合サッシは、断熱性も高く、開け閉めもスムーズで長持ちし、価格的にも使用しやすく意匠性もフレームがうすく開放的で、青空がきれいに感じるサッシなので好んで使用しています。

その他、庇や外付けルーバーなどで日射遮蔽することで、より省エネにつながるよう工夫を凝らしております。
Stacks Image 595
Stacks Image 470

家族のために

あなたの笑顔をお約束します。
そのためには、
家族と笑顔が見える、家族と団らんでつながる、そんな家づくりが一番大切なことであると考えます。

住宅展示場の見学、新築やリフォームのご相談

家を造るにあたってのご不安、まずはご相談下さい

Stacks Image p225_n8
Stacks Image p225_n11

お問合せはこちらへ


029-263-1225

会社案内

茨城県知事許可(般-29)第30876号

ゼロエネルギー住宅新築・リフォーム

(株)鈴木建装

代表取締役社長 鈴木 達也(2級建築士他)
代表取締役会長 鈴木 敏男

 ひたちなか市湊中原12542-1 
 〒311 - 1238

 電話 029-263-1225
 FAX 029-263-1225
Stacks Image p222_n60
より楽しく、より豊かな夢の創造で
ご家族の未来を笑顔にカエル家づくり


夢応援隊る楽 鈴木建装は、
地域の絆や出会いに感謝し住宅の新築やリフォームを通して 正直・親切・愉快をモットーに より楽しく、より豊かな夢の創造で ご家族の未来を笑顔にカエル家づくりを目指しております。

 夢応援隊  鈴木建装

豊かにつくる
本値でつながる
そして地域によろこばれる
る楽rurakuとは家族が笑顔で楽しくあつまること
夢応援隊る楽 鈴木建装は
大切なご家族が、毎日笑顔で楽しく生活できるような豊かな空間をご提案します。